気になる疑問を解決!何でストロボを使うの?? 【バウンス撮影編】

 

テーマパークなどでも

外付けの大きなストロボを付けて

撮影している人を見かけませんか?

 

そこで、

 

「何でストロボを使うのだろう?」

「明るいレンズではだめなの?」

 

など疑問に思う方もいることでしょう。

 

また

 

「ストロボを買ってみたけど使い方がわからない」

 

「みんな天井に向けて使ってるからとりあえず真似しよう…」

 

とストロボの役割や効果について知らないという方も多く存在します。

 

今回はそんな方に向けて

ストロボの役割と効果について

説明していきます。

 

これを抑えることができれば

あなたもストロボを使って写真表現を劇的に

変えることができます。

 

 

ストロボを使う意味って何?

 

ストロボは照らす道具であり、

写真のある部分を照らすのがストロボの役割です。

 

人間の目は

明るい部分→暗い部分へと視線が流れていきます。

 

なので強調したい部分を照らすためストロボで明るくします。

 

私は一番明るい部分を被写体にするために、

よくストロボを使います。

 

自然光じゃダメなの?

 

自然光だけで撮ることが悪いことでは全くありません。

 

良い自然光があり、

綺麗に被写体を照らしてくれる自然光があれば

自然光だけいいでしょう。

 

 

しかし、こんな場面がありませんか?

 

・薄暗いかつ黄色い照明で被写体が埋もれちゃう…

 

今回のテーマは【バウンス撮影】

薄暗く黄色い照明でも被写体を浮き立たせたい!

こんな時に使えるテクニックが

皆様お馴染みのバウンス撮影になります。

 

バウンス撮影とは天井などにストロボを向けて

その跳ね返った光で被写体を照らす撮影方法です。

なぜ直接当てないの?

上のイラストの様に

 

ストロボを狭い室内で直接当ててしまうと

後ろの壁に影が出てしまったり、

うまく光が拡散されず「硬い写真になってしまいます」

 

表現として

 

「影をつけたい」「ぱっきりとした写真を撮りたい!」

 

といった場合には有効かもしれませんが

かわいいキャラクターとはミスマッチしやすいでしょう。

 

 

バウンス撮影の注意点

1.ある程度被写体との距離を取る。

キャラクターと近すぎると

ストロボの光が全体に回りきらないです。

 

 

2.少し自分側にストロボを倒す。

狭い室内の場合、真上でバウンスすると

キャラクターの鼻の下に影ができたり、

帽子の下の影が出る原因になってしまいます。

 

まとめ

今回はストロボの役割の説明と

バウンス撮影についてお話ししました。

 

次回は日中の屋外でのストロボの活用方法について

記事を更新しますのでお楽しみに!

 

また

 

「ストロボをもっと扱える様になりたい!」

 

「ストロボもマニュアルで思い通りの写真を撮りたい」

 

「劇的に写真を変えたい」

 

そんな方はぜひ私の開催する写真教室や

ストロボセミナーにご参加くださいませ。

 

 

公式LINE@にて写真に関する質問や写真添削も年中無休無料で受け付けていますので、

気になった方は是非ご登録くださいませ。

 

 

 

↓ストロボセミナー

友だち追加