圧倒的に差がつく!写真を構成する3要素

写真を撮影していく中で
自分の個性が出ないな…
 
なんか説明写真的で
自分の写真に魅力を感じない…
 
そんな悩みを抱えた方は
多いのではないでしょうか?
 
そんな方の写真が劇的に変わり、
写真から伝わる魅力を倍増させる
方法があります。
 
それは
「写真を構成する3要素」
を理解することです。
 
これを理解することで、
ただシャッターボタンを押している
だけの現状から変わり、
 
「何で撮っているのか?」
 
を考えるようになります。
 
その考え方が人それぞれ違うため、
 
「自分の感性を活かした写真」
 
になり、そこに個性が表れるのです。
 
 
・キャラクターの可愛さを収めたい
 
・迫力を伝えたい!
 
・楽しい思い出を凍結保存したい
 
など様々な考えがあると思いますが、
共通していえることは
 
「思いを形にする」事です。
 
その写真を撮るという
行為にいたったのは
 
「この風景を写真に残しておきたい」
 
「この楽しい一時を写したい」
 
といったように「何かを感じた」
からではないでしょうか。
 
 
そこで、写真でよりよく
自分の思いを写すための
写真の構成について

 

お話していきたいと思います。

写真を構成する3要素

主題×主被写体×まとめ方=写真
 
 写真は大まかに
このような構成で成り立っています。
 
 
これらを整理することで
写真がよりよいものになって行きます。
 

主題とは

 

 主題とは、
 
「自分がそこで何を感じたか?」
 
です。
 
例えば、春のミニーちゃんが可愛いから
「可愛いらしさを出したい!」と感じたら、
それが主題になります。
 
この主題が明確でないと
構図や設定をどのようにしたら
良いのかがぶれてしまいます。
 
逆に主題が明確になることで
伝えたいことが明確になります。

この2枚を見比べてみましょう

左の写真は

旗を振る「躍動感」と

「かっこよさ」を

明確に主題としていたため

構図や色調を意識的に

構成された写真になった。

 

 

対して右の写真は

明確な主題が無く、

何が主被写体なのか

伝わらなくなってしまっている。

主被写体とは

主被写体とは、
 
「画像の中でメインになる被写体」
 
のことです。
 
ディズニーのショーやパレードは
はじめから主被写体が
明確な場合が多いですが、
 
風景写真や広角での全体写真などの時には
主被写体を明確にしましょう。
 
それによって
画面が散漫になることを防げます。
 
何故なら
主題が明確でないと、
写真のどこを見てよいのか
わからなくなり
視線が落ち着かなくなります。
 
それによって
散漫な印象を与えてしまいます。
 

まとめ方とは

 

 まとめ方とは、
 
「主題と主被写体をまとめるための手段」
 
のことです。
 
つまりこれらの表現をするために
画面構成やレンズ選び、
ボケの分量、明るさ、色調
などを決めることをいいます。
 
 
 
例えば先ほどのミニーちゃんの例で
 
「春のキャラクターの可愛さを出したい」(主題)
 
 
「ミニーちゃんを撮りたい」(主被写体)
 
 
可愛さを出すために
画面全体の露出を
明るくする。
 
ミニーちゃんに目が行くように
背景のボケの分量を増やそう。
 
可愛さをストレートに
印象付けたいから
縦位置の日の丸構図で
アップ気味に撮ろう!
 
 
(まとめ方)
 
 
となるわけです。
 
 
これらのまとめ方
は写真を勉強していくと
様々な手法が選べるようになるでしょう。
 
 
 

まとめ方より先に「主題」を決める!

写真を撮る動機というものは
皆さんにも必ずあると思います。
 
ただ目の前の光景から
漠然と感じたことを
言語化できるようになれば
それが「主題」になります。
 
その「主題」をまとめ方より先に
決めることが重要です。
 
なぜなら、
 
「かっこよさを出したい」
 
のか
 
「可愛さを出したい」
 
かで画面構成や手法が
変わってくるからです。
 
画面構成(まとめ方)
から決めてしまうと後々
ミスマッチが起きてしまいます。
 
主題が思いつかない場合は
その被写体の魅力は
なんだろうか?
と考えて見てはいかがでしょうか?
 
 

まとめ

・写真は「主題」「主被写体」「まとめ方」の3要素で構成されている。
 
・「主題」とは「どう感じたか?」
 
・「主被写体」とは画面の中でメインとなる被写体のことである。
 
・「まとめ方」とは「主題」「主被写体」を表現するための
手段のことである。
 
・まとめ方より先に「主題」を決める。
 
 
今回は今までの
ハウツー系とはとは違って
写真を撮るにあたっての
基礎的なマインドについてのお話でした。
 
 
写真を撮る上で
 
「自分がどう感じたか」
 
が出発点なのですが、
そこを不明確なまま
技術だけを覚えていく人
が多くいるように感じます。
 
 
「どう撮るか?(手法)」
 
 
「自分がどう感じたか?」
 
が逆転してしまうことによって、
せっかく身に付けた技術が
生かされないことがあります。
 
 
まずは、「今自分が何を感じているのか?」
 
を言語化できるようにしていきましょう!
 
もっと知りたい、ちゃんと理解して
より魅力的な写真を撮りたい、
そんな方に向けて写真教室を
開催予定です。
4月中旬より
東京に移住いたしますので
LINE@にてリリースいたします。
 

 

今月中旬から東京に移り住みます!

写真教室、カフェ会などイベントを企画しています。

 

ご興味のある方はLINE@の友達追加

よろしくお願いいたします♪