イースター間近!春っぽさを出すための3つの写真テクニック

そろそろイースターの季節ですね!
 
そんな中で
 
「春っぽさを出すにはどうしたら良いの?」
 
という質問をいただいたので、
お答えしていきたいと思います。
 
まず
 
「春っぽさ」
 
と言うワードが曖昧なので、
いくつかイメージを上げていきます。
 
・明るい
 
・透明感がある
 
・やわらかい印象
 
・色鮮やか
 
といったところでしょうか。
 
 
ではこれらの抽象的なイメージを
写真に定着させる3つのテクニック
について書いていこうと思います。

1.ハイキーな写真にしよう

写真全体を明るくするために
ハイキーで撮影してみましょう。
 
カメラには露出計が
備わっていると思います。
 
ファインダーを覗いたら
下にこのような表があります。
マニュアルで撮影する場合は
この表で+0.7~1.4EV
くらいに設定します。
 
オートの場合は露出補正機能を使って
+0.7~1.4EVにして見ましょう。
 
これによって全体的に
明るい写真になります。

2.コントラストを下げる

コントラストとは、
写真内の明暗の差
のことを言います。
 
その明暗の差が少ないほうが
写真全体のメリハリが無くなり
柔らかな印象になります。
 
仕上がり設定などで
調整してみましょう。

3.マゼンタを高めてみる

春と言えば桜色ですね。
 
そんな桜色を主張してみましょう。
 
カメラ内にWB補正

 

と言う機能があります。
このスライダーを
Mマゼンタに+1~3
にして見ましょう!
 
すると色調が桜色に傾き
春らしい色合いになります。
 
あまりやりすぎると
くどい写真になってしまうので
気をつけましょう。

まとめ

 

今回は春っぽく撮影するために
 
・ハイキーで撮影
 
・コントラストを下げる
 
・マゼンタを高める
 
という主な3つの技法を
ご紹介しました。
 
 
 
これらの具体的な手法は
適した場面に使うには
効果があります。
 
しかし、小手先のテクニックなので
夏、秋など違ったイメージに
応用ができないことがあります。
 
 
そんな応用力を身に付けるべく
基礎から写真の性質を理解したい。
 
自分主導で写真表現が
できるようになりたい。
 
と言う方は私の写真講座がオススメです。
 
4月より東京に移住しますので
その先駆けとして都内のカフェで
写真勉強会を開こうと思います。
また、
 
さらに詳しく教わりたい方
 
・より上級者向けの教えを受けたい方
 
・プロに質問をしたい方
 
・仲道雄大にプロフィール写真撮影をして欲しい方
 
LINE@で仲道雄大とお友達になりませんか?
 
LINE@では、
 
「本当は教えたくない写真が見違えるほど上達する技法」
 
惜しみなくお伝えしていく予定です!
 
 
メッセージを送信しなければ
こちらにはLINEのプロフィール
情報は伝わらない仕様に
なっておりますので、
 
安心して友達追加してください♪
 
LINE@の友達追加はこちら↓