ショーの撮影時必須!3種類のオートフォーカスとその違い

 

 

 

オートフォーカスとは、
シャッターボタンを半押しした時
カメラが自動でピントを
合わせてくれる機能です。
 
 
ピント合わせに
苦労を重ねている方も
多いことでしょう。
 
 
そんなオートフォーカスにも
様々な種類があり
 
「どのように使いこなせば良いかわからない」
 
というように違いがわからない方も
多いのではないでしょうか。
 
基本的なオートフォーカスの違いを
3種類に分けて解説しています!
 
 
種類1.AFシングルモード
種類2.コンティニアスAF
種類3.AFオートモード
 
オートフォーカスのモードは
基本的にこの3種類あります。
 
 
各社の名称と細かな仕様は異なりますが、
殆ど効果は同じなので一括りで解説いたします。
 

 

 

 

種類1.AF シングルモード

メーカー
モード
NIKON
AF-S
CANON ワンショットAF

OLYMPUS

S-AF

 

引用元Nikonイメージングジャパン

 

 

 

一度ピントを合わせると
半押ししている間ずっとピントを
固定しておくモードです。
 
 
つまり、一度走り出して
目的地に着いたら、
半押ししている間
ずっとそこに居続けます。

 

 

【向いているシーン】

 

速度より精度が高いモードなので
記念撮影や風景など
 
動かない物に向いている

 

 

【向いていないシーン】

 

 

半押ししている間、
ピントの位置が固定されてしまう為、
被写体とカメラの距離が常に
変わるような動き物には不向きです。

 

種類2.コンティニアスAF

メーカー
モード
NIKON
AF-C
CANON AIサーボAF

OLYMPUS

C-AF

 

引用元Nikonイメージングジャパン

 

 

 

シャッターボタンを半押ししている間、
ずっとピントを合わせ続けるモードです。
 
つまり、
一度走り出したら被写体をずっと
スートーキングしてくれます。

 

 

 

【向いているシーン】

 

 

被写体との距離が
常に目まぐるしく変わる
動き物の撮影に向いています。
 

 

【向いていないシーン】

 

 

ピントが固定されない為
風景写真や記念撮影には
不向きな傾向があります。
 

 

 

種類3.AFオートモード

メーカー
モード
NICON
AF-A
CANON AIフォーカスAF

 

引用元Nikonイメージングジャパン

 

 

 

上記の2つのAFモードを状況に合わせて
自動的に切り替わるモードです。
 
このモードが初期設定に
なっているカメラも多いです。
 
動いていないものには
コンティニアスAF
動いてるものには
AFシングル
と自動で切り替わる為。
 
カメラにお任せして
撮影に集中したい方にオススメです。
 
 
しかし
 
私個人の意見としては、
使いにくいです…笑
 
何故なら、ピントを合わせてから
少し構図をずらそうとすると
コンティニアスAFに
勝手に切り替わってしまい、
 
意図しない場所にピントが
行ってしまうことがあるからです。
 
 
このことから、AFモードは
撮りたい被写体に合わせて
切り替えていけると
自分の思った通りに
ピント合わせが出来る確率が上がります。
 
 
ディズニーのショーだと
キャラクターが常に動いている為
基本的にコンティニアスAFで撮ることを
オススメします。
 
 
しかし
シャボン玉にピントが持ってかれる!
(私はCWJを観たことないのでそういった経験はありませんが…笑)
 
 
という方はコンティニアスではなく
AFシングルで撮るのも良いかもしれません。
 
 
何故なら、
コンティニアスAFだと
半押ししている間
ずっとピントを探し続けるので、
 
 
フォーカスエリアに別のものが
入ってきたらそれにピントを
合わせようとする場合もあるからです。
 
 
また、グリーティング時で
特にワンショットなどを撮影する場合、
私はAFシングルに設定しています。
 
 
何故なら、一度ピントを合わせたあと
構図を整えたいからです。
 
 
AFシングルだと、一度ピントを置いた位置に
半押ししている間固定されるので、
その後構図を整えた後
シャッターを切ることができます。

 

 

<まとめ>

 

 

 

オートフォーカス。
つまり「ピント」は、
 
「構図」
 
「露出」
 
共に写真を作る上での大切な要素です。
 
 
私も
 
「良い写真なのにピントが来てない〜泣」
 
といった経験を数々して来ました。
 
 
「構図」は後からトリミング
で治せることも可能ではあります。
 
「露出」も後からRAW現像やら
なんやらで誤魔化せることもあります。
 
しかし、「ピント」に置いては
合ってるか合ってないかしかありません。
 
後からピントは戻って来ないのです。
 
※テクノロジーの進歩で後からピントを決められるカメラが発売しましたが、まだ一般的ではありません。
 
よって、オートフォーカスを学ぶことは
写真上達の上で欠かせません。
 
 
私もオートフォーカスを学び、
理解したことによって
ピントでの失敗がかなり減りました。
 
 
皆さんもご参考にしてみては
いかがでしょうか?