写真の可能性を広げる?「RAW現像」ってなに?

普段私たちが扱っているもののほとんどが「JPEG」

JPEGとは?

画像の形式のことで、

 

デジタル写真だとほとんどの場合

「JPEG」形式の画像を指します。

 

カメラ内だけでなくPC、スマホなどでも扱える気軽さがあります。

 

メリット

データが軽いので容量が抑えられる

 

・連写性に優れている

<JPEGで撮影する場合>

 

撮影

カメラ内が色を確定

JPEG

デメリット

撮影前にカメラ内で色調を決めなければならない。

 

「色が確定」しているため後からのレタッチに制限が多い。(多少のレタッチなら可能)

 


つまり、JPEGは既にカメラ内で色が塗られ

「完成した写真」のようなものである。

 

 

 

生のデータこと「RAW」

RAWとは?

カメラで撮影する画像形式のことで

 

「RAW」はカメラ内で何も手を加えていない

「生のデータ」ということになる。

 

本来カメラでする処理を自分の手でできるデータともいえます。

 

 

 

 

 

メリット

・撮影後の色調コントロールがしやすい(画質が乱れにくい

 

レタッチの制限が少なくなり

より後から自分のイメージに近づけられる。

<RAWで撮影する場合>

 

カメラ

RAW

 

☆その後PCなどに取り込み

RAW現像ソフトでレタッチ

       ↓ (RAW現像)

JPEG 

(最後は扱いやすいJPEGに圧縮する場合が多い)

 

 

 

デメリット

データが重いため容量が必要。

 

・連写性が落ちる

 

・RAW現像の専用ソフトが必要


 

つまり、色を決めるための処理を確定していない

「未完成のデータ」のようなもの。

RAW現像は写真の可能生を広げる?

 

RAW画像の色調補正などを行うことをRAW現像と言います。

 

後からじっくり色調をコントロールできるため、

レタッチが前提の場合はより高品質に仕上がる可能性が広がります。

 

 

RAWに頼り切ってはいけない?

 

RAW現像に慣れてくると、

 

露出や色調が甘かったりしていても

「後で何とかなる」という気持ちが出てしまいがちです。

 

 

誤解しがちなのがRAWであれ「何とかなる限界」というものがあります。

 

「何とかなる」の定義も人それぞれだとは思います。

 

 

また、撮影イメージを先に決めずに「とりあえず撮って後から仕上げよう」

としていると後から思い通りにいかなかったりする場合があります。

 

 

そのような姿勢がいけないとは全く思いませんが

失敗を避けるためには撮影前からイメージを決めておくのが良いかもしれません。

 

 

 

まとめ

 

RAWのお話をすると

 

「JPEG」撮って出しが偉い!

というようなことをおっしゃる方が多いかと思います。

 

 

 

私は、「JPEG」撮って出しで自分が満足できるのであれば

JPEGで撮影します。

 

しかし今現在スポーツ以外ではRAW撮影がほとんどです。

 

 

 

 

それには2つの要因があります。

 

 

1つ目は、自分の腕の問題です。

 

その場での適切な露出、色調にできる腕が私にはまだ不足しています。

 

 

2つ目は、カメラの問題です。

 

カメラ内で補正できる範囲には限界があって、

もっとこうしたい!といった要求すべてにこたえられるほど

(私の)カメラは性能が良くないからです。

 

 

これらの2つの要因が解決されれば私は常にJPEGで撮影するでしょう。

 

 

 

 

 

偉い偉くないの問題ではなく、

それぞれの用途や欲求に合わせ

記録モードを切り替えていくのが本来の姿かと私は思います。

 

「JPEG」撮って出し写真も

「RAW現像」された写真も

 

過程はどうであれ1枚の仕上がった写真です。

 

重要なのはその1枚だと私は考えております。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

参考になればいいね!を!