色温度を正しく理解してますか?写真表現を広げるホワイトバランスとは?

 

絞り シャッタースピード ISO感度

 

などは分かってきたんだけど…

 

ホワイトバランスはよくわからない、

怖くていじることができない!

 

その様な方が多いかと思います。

その悩みを解決していこうと思います。

 

今回はその中の色温度についてフォーカスしていきたいと思います。

 

 

まず、ホワイトバランスとは

ホワイトバランスとは、文字通り「白」のバランスのこと。

 

従来は「白色を白く写す機能」として設けられています。

 

今回のテーマは「色温度」

色温度は、

ホワイトバランスを調整する尺度として用いられています。

 

色温度を変えることによって、

赤っぽさ(暖かさ)

青っぽさ(冷たさ)

を調整できます。

 

ケルビン(K)

とう単位で数値化されます。

光源によって色味が異なる

 

 

2000K ろうそくの光
3000K 白熱電球
4000K 蛍光灯
5500K 晴天、ストロボ光
6000K  曇天
7000K 日陰

※目安表


色温度の誤解しがちなポイント

 

上の表を見ると

 

「へぇ~。色温度は低いと赤っぽくなって高いと青くなるんだー!

 

「あれ?青っぽくしたいからカメラ内の色温度高くしたのに真っ赤になった!

 

という失敗に繋がります。

 

そこの認識について詳しく説明していきます。

 

 

「光の色の話」と「補正時の話」の色温度

 

色温度という概念は、

 

「光の色の話」「カメラで補正する際の話」

 

2つの認識パターンがあります。

 

 

光の色を数値化したものが「色温度」

 

数値が高いと青っぽい光

低いと赤っぽい光になる。

 

つまり、上記は「光の色の話」

 

 

 

 

それに対し、

 

カメラの色温度機能とは、

光源の色温度を補正する役割で作られています。

 

なので、補正時は、

 

色温度の数値を高かくすると赤みが強まり

数値を低くすると青みが強まる

 

 

 

つまり、「補正時の話」ではになります

なのでよく理解する必要があります。

 

 

 

つまりどういうこと??

 

上の解説だとだからなに?どういうこと?

と思いますよね。

 

わかりやすく書きます。

 

 

<光の色の話>

色温度高い↑=青っぽい光    色温度低い↓=赤っぽい光

 

<補正時の話>

色温度を上げる↑=赤っぽくなる    色温度を下げる=↓青っぽくなる

 

 

ということになります。

 

 

上の理論が理解できると、

 

「あのろうそくの光は2000Kで色温度が低いから赤っぽい!」

 

「この写真を赤っぽくしたいから色温度の数値を高くしよう!」

 

という言い方になります。

一見矛盾しているように思えますがこういうことです。

 

 

これを理解するとできること!    「表現としてのホワイトバランス」

目で見たより青くしたい!

 

右の写真を参考に考えてみましょう。

 

この日の天気は曇天で光の色は6500Kくらいでした。

 

 

しかし、写真の表現として

「冷たさ」を出したかったので

 

色温度を下げカメラ内の色温度を 5000K に設定しました。

※空の白が青く写り、青い衣装もより色濃く撮影されている。

目で見た色とは違う色でイメージの表現ができた。


 

このように、色温度を理解することによって、

 

自分が主体となり写真の表現を変えることができます。


まとめ

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

今回は、ホワイトバランスの色温度について解説しました。

 

色温度については

 

「なんとなくわかるけど言語化できない」

という方も多かったのではないでしょうか?

 

言語化できない。

ということはきちんと理解されていない証拠だと私は思います。

 

言語化でき、実践して初めて「理解できた」に至ります。

 

また言語化はできるけど実践できないというのもまだ「理解」に至っていません。

 

何事にも、インプット→アウトプット→トライ(読み込み→咀嚼→実践)

のプロセスがあると思います。

 

私がブログを書く理由の一つがこのアウトプットです(笑)

 

 

 

まだまだホワイトバランスについては書き足りないので、

また別記事を掲載していく予定です。

 

 

参考になればいいね!を!